サクラ・モモ・ウメ等バラ科樹木を加害する外来種クビアカツヤカミキリの防除法の開発

サクラ・モモ・ウメ等バラ科樹木を加害する外来種クビアカツヤカミキリの防除法の開発

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R3
年度2019
概要樹幹注入剤の幼虫防除に最適な防除体系を明らかにするため、使用回数や使用時期を変え、処理後の単木単位でのフラス排出孔数の推移等から防除効果を評価する。樹幹散布・塗布剤では、成虫産卵後の高濃度処理により、樹幹表面付近に生息する幼虫に対する防除効果を評価す
る。
研究分担食と農の研究部 防除G
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264567
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat