海洋環境総合調査(水質監視調査)

海洋環境総合調査(水質監視調査)

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S54~
年度2019
概要大阪湾は湾奥部では富栄養化した状態が続く海域で、5月~10月にかけて湾奥部の底層を中心に貧酸素水塊が発生している。この貧酸素水塊の発生は同海域で生息する魚介類の生残に影響し、資源の減少要因の一つとして挙げられている。この調査では、主に貧酸素水塊に焦点を当て、毎月湾東部域14定点において調査し、貧酸素水塊の動向や魚介類の資源変動との関係について解析している。
研究分担水産研究部 海域環境G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264584
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat