ドローンやセンシング技術を活用したレタスの栽培管理効率化・安定生産技術の開発

ドローンやセンシング技術を活用したレタスの栽培管理効率化・安定生産技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30-R4
年度2019
概要目的:レタス生産において、センシング技術を活用した栽培管理効率化技術・安定生産技術を開発する。ドローンやほ場常設型気象データセンサー等により園芸作物等の生育状況や栽培環境等のデータを取得、解析し、技術開発のために必要な情報やその仕様を明らかする。
成果:施肥試験データを利用し、結球初期に撮影したマルチスペクトル画像からQGIS を利用しNDVIを算出した結果、施肥条件により0.60~0.75 の値となった。各試験区からレタスの全窒素をNC アナライザーを用いて測定した。結果、施肥条件により2.66~5.00%の値となり、NDVI と全窒素は強い相関関係がみられた(決定係数=0.83)。レタスにおいてマルチスペクトル画像から窒素栄養状態を推定できることが明らかとなった。
研究分担淡路農業技術センター農業部
予算区分受託
(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264607
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat