もち麦の機能性を活かした加工方法の開発

もち麦の機能性を活かした加工方法の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H30-R1
年度2019
概要目的:高β-グルカンもち麦の加工素材特性(精麦歩合とβ-グルカン含量の関係)を把握するとともに、β-グルカンを豊富に含む健康機能性を強化した加工食品の製造条件を明らかにする。
得られた成果:高β-グルカン品種「フクミファイバー」を用いたパン、ゆで麦、グラノーラなどの加工適性を明らかにした。
研究分担北部農業技術センター農業・加工流通部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264623
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat