稲こうじ病を抑制する転炉スラグの最適施用条件決定手法の開発

稲こうじ病を抑制する転炉スラグの最適施用条件決定手法の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R2-3
年度2019
概要稲こうじ病に対する耕種防除技術として、転炉スラグ施用法の実用化をすすめているが、転炉スラグの抑制機構は不明である。このため、菌に作用するステージや抑制機構を解明し、最適施用条件決定手法の開発する。
研究分担農業技術センター病害虫部
予算区分一部受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264633
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat