乳成分分析装置のスペクトル解析による新たな牛群評価方法の開発

乳成分分析装置のスペクトル解析による新たな牛群評価方法の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30-R3
年度2019
概要乳成分分析装置の赤外線スペクトル解析により、乳中脂肪酸組成、血中の遊離脂肪酸とケトン体濃度を把握する測定技術を確立し、それらと飼養状況(飼料摂取量、給与飼料内容、生産性)との関連性を検討することにより、栄養診断基準と飼養改善指針を確立し、県下酪農家の飼養管理の効率化を図る。
研究分担淡路農業技術センター畜産部
予算区分県単
業績(1)乳中脂肪酸組成を用いたホルスタイン種泌乳牛の乾物摂取量推定
(2)シンポジウム「乳牛の周産期の飼養管理と疾病管理に関する最新知見」
分娩後の負のエネルギーバランスと乳中脂肪酸組成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264650
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat