2.宇陀地域に適した薬草栽培技術の開発 1)宇陀地域に適した薬用栽培技術の開発 ①ー1)ヒトヒメハギ・カノコソウ・ボウフウ・ヒロハセネガの栽培技術の開発①

2.宇陀地域に適した薬草栽培技術の開発 1)宇陀地域に適した薬用栽培技術の開発 ①ー1)ヒトヒメハギ・カノコソウ・ボウフウ・ヒロハセネガの栽培技術の開発①

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要[目的]イトヒメハギ(オンジ)の栽培技術の開発
[方法]雨よけ栽培、ベッド密植育苗した苗の移植栽培を検討する。
[結果]雨よけ栽培により根腐病を防ぎ、増収が可能であった。ベッド密植育苗した苗の移植栽培により在圃期間を短縮することが可能であった。
研究分担大和野菜研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264685
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat