1.奈良オリジナルの優良品種の育成 3)新たな高品質甘柿品種の育成 ①交配による新品種候補の作出と、遺伝子解析による10月下旬~11月上旬に出荷できる甘柿の早期選抜 ①ー1)選抜個体の果実品質調査

1.奈良オリジナルの優良品種の育成 3)新たな高品質甘柿品種の育成 ①交配による新品種候補の作出と、遺伝子解析による10月下旬~11月上旬に出荷できる甘柿の早期選抜 ①ー1)選抜個体の果実品質調査

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~R5
年度2019
概要[目的]着果果実の品質調査
[方法]高接ぎ枝に着果した果実の品質を調査する。
[結果]対照の‘松本早生富有’と比べて、‘13TgGo7’は収穫期が約2週間早く、果実重はやや小ぶりで、糖度は同等から1度程度高く、果肉硬度はやや低かった。生理的落果やヘタすき果の割合が多く、収量や果実外観において対照より劣った。‘13TgGo10’は収穫期は同程度で、果実重は同等かやや大きく、糖度は約1.6度程度と対照よりやや高く、果肉硬度は同程度であった。対照と比べて果皮色が薄く、ヘタ周りは緑色であった。
研究分担果樹薬草研究センター

予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264693
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat