1.生産者に優しい生産技術の開発 2)障害者が活躍できる「農業」成立条件の提示 ①経営者および支援者向け資料の作成 ①ー1)経営者および支援者向け資料(農作業ガイドブック)作成のための素材の収集と検討①

1.生産者に優しい生産技術の開発 2)障害者が活躍できる「農業」成立条件の提示 ①経営者および支援者向け資料の作成 ①ー1)経営者および支援者向け資料(農作業ガイドブック)作成のための素材の収集と検討①

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継R1~R2
年度2019
概要[目的]経営者および支援者向け資料の構成検討
[方法]農福連携の類似の先行事例である各県・市で作成された農福連携推進資料(8件)を収集し、内容を調査する。さらに、全工程もしくは一部工程の説明がある資料について、掲載されている項目を調査する。
[結果]工程の一部を説明する資料は4件あったが、1作もしくは年間の工程を掲載した資料は、雇用を想定した1件のみであった。これら5件の資料の掲載項目にはばらつきがあった。難易度を記載している資料は4件あったが、いずれも評価方法は不明であった。これらの結果から、奈良県の農作業ガイドには、全作業もしくは年間作業の工程のほか、主要作業の目的・必要な道具・支援者らの注意点・客観的な評価方法を検討したうえでの難易度を掲載することした。
研究分担研究企画推進課
予算区分県単
業績(1)オランダの農福連携の取組について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat