1.野菜 2)新規特産野菜開発のための省力的な栽培技術の確立と品種の検索 ②省力化に有効な品種の検索

1.野菜 2)新規特産野菜開発のための省力的な栽培技術の確立と品種の検索 ②省力化に有効な品種の検索

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要[目的]省力化につながるオクラの品種の検索
[方法]‘楊貴妃’、‘クリムソン・スパインレス’、‘平城グリーン’、‘グリーンソード’、‘大和ティダ’、‘大和グリーン’の6品種において、株間を15cm、30cmで定植し、収穫盛期以降の草丈を比較する。
[結果]‘平城グリーン’、‘グリーンソード’、‘大和グリーン’は草丈が180cm程度で、収穫が容易であった。‘クリムソン・スパインレス’は収穫終期に草丈が2mを超えたが、株間30cmでは株間15cmより低く推移した。
研究分担育種科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264725
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat