7.大和茶 1)茶樹地域対応技術開発 ①食品添加用粉末茶における秋茶で色の良い品種の選抜

7.大和茶 1)茶樹地域対応技術開発 ①食品添加用粉末茶における秋茶で色の良い品種の選抜

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H31~R3
年度2019
概要[目的]秋芽原料による粉末茶試作・分析
[方法]品種‘やぶきた’‘つゆひかり’‘おくみどり’の秋芽について摘採時期およびドラム回転数を変えてドラムドライヤーによる処理を実施。サイクロンサンプルミルで粉砕後、色差値および各成分を調査する。
[結果]ドラムドライ製法で秋茶早期に製造するほうが晩期に製造するよりも、またドラム回転数を速めた方が色合いは良好であった。品種については‘つゆひかり’の色合いが良好であった。
研究分担大和茶研究センター  
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264739
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat