1.穀類の奨励品種選定と種子対策事業 1)穀類の奨励品種選定と種子対策事業 ②主要農作物奨励品種決定調査事業 ②-4)水稲作況調査

1.穀類の奨励品種選定と種子対策事業 1)穀類の奨励品種選定と種子対策事業 ②主要農作物奨励品種決定調査事業 ②-4)水稲作況調査

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間S47~
年度2019
概要[目的]平坦地域の水稲作柄判定の資料を得るための調査
[方法]3aの圃場で、6月7日移植で平坦地域向き中生‘ヒノヒカリ’の生育状況を調査する。
[結果]6月5半旬~7月4半旬の寡日照により、茎数は少なく推移し、最高分げつ期は平年より6日遅く、最高茎数は少なかった。その後天候は回復し、概ね高温であったため無効分げつは少なく出穂期は平年並みで、成熟期は4日早かった。㎡当たり籾数および登熟歩合は平年並みであったが千粒重は小さく、やや低収であった。被害の発生は無く、品質はやや良好であった。
研究分担育種科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264751
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat