1.イチジクの高品質安定生産技術の開発 1)イチジクの安定生産と早期出荷のための技術開発 ①早期出荷を可能とする施設イチジクの管理体系の確立

1.イチジクの高品質安定生産技術の開発 1)イチジクの安定生産と早期出荷のための技術開発 ①早期出荷を可能とする施設イチジクの管理体系の確立

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要[目的]被覆時期、加温体系が収穫期や果実品質に及ぼす影響の調査
[方法]加温栽培、無加温栽培、露地栽培で収穫期および果実品質の調査をする。
[結果]ポット樹では2月下旬から加温することで、7月下旬に累積収穫果実数が10%を超えた。地植え樹では無加温栽培することで8月上旬に累積収穫果実数が10%を超えた。果実品質はポット樹では露地栽培で規格外品率が40%であったのに対して、施設栽培では0~12.8%と低くなった。地植え樹でも露地栽培では規格外品率が19.7%であったのに対して、施設栽培では0~7.4%と低くなった。露地栽培では傷果や腐敗果が多くみられた。
研究分担果樹・薬草研究センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264777
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat