1.奈良県農畜水産物ブランド認証推進事業 1)農作物の機能性成分の分析 ①カキのβ-クリプトキサンチンの成分分析

1.奈良県農畜水産物ブランド認証推進事業 1)農作物の機能性成分の分析 ①カキのβ-クリプトキサンチンの成分分析

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~R1
年度2019
概要[目的]県内生産地の果実重3LおよびMの果実のビタミンCの成分分析
[方法]‘富有’の果実重3LおよびMの果実のビタミンCの成分分析
[結果]
1)西吉野、五條、御所の出荷場から採取した‘富有’の果肉を3カ年分析した結果、11月中旬と11月下旬~12月の収穫時期の間、各生産地間で、それぞれ有意な差は認められなかったが、H29、H30およびR1の収穫年次の間で有意な差が認められた。H30~R1年の3カ年の‘富有’のビタミンC含量は、西吉野50~129mg/100gF.W.、五條39~131mg/100gF.W.、御所46~127mg/100gF.W.であった。 
2)朝和、萱生、西吉野、五條、御所の出荷場から採取した‘刀根早生’の果肉を3カ年分析した結果、各生産地間で有意な差は認められなかったが、H29、H30およびR1の収穫年次の間で有意な差が認められた。H30~R1年の3カ年の‘刀根早生’のタンニン含量は朝和687~2,496mg/100gF.W.、萱生692~2,668mg/100gF.W.、西吉野514~2,917mg/100gF.W.、五條532~2,667mg/100gF.W.、御所670~2,614mg/100gF.W.であった。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
研究分担加工科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat