農林水産業競争力アップ技術開発事業 施設栽培コマツナの重要害虫コナガの 緊急防除対策

農林水産業競争力アップ技術開発事業 施設栽培コマツナの重要害虫コナガの 緊急防除対策

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R元
年度2019
概要目的:和歌山市の施設栽培コマツナにおいて、コナガに対する主要農薬の防除効果が低下している。そこで、施設栽培コマツナにおいて、コナガの防除対策を確立し、生産安定を図る。
成果:①フェロモントラップ誘殺数は、名草地区では1月~5月はやや多く推移し、6月に最も多くなった。
②7.0haに交信攪乱剤を処理したところ、コナガに対して処理3か月後まで高い交信攪乱効果が認められた。コマツナ栽培施設の開口部に目合い1mmの防虫ネットを展張すると、コナガ成虫の施設内への侵入防止効果が高く、コマツナでの幼虫の発生、被害を抑えることができた。
研究分担環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264812
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat