無加温ハウスで栽培可能な新規切り花品目の省力据置栽培技術の確立と切り花鮮度保持技術の確立

無加温ハウスで栽培可能な新規切り花品目の省力据置栽培技術の確立と切り花鮮度保持技術の確立

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農業試験場暖地園芸センター
課題種別試験研究課題
研究期間継続
R1~3
年度2019
概要目的:「スターチス・シヌアータ」の代替品目として有望であるハイブリッドリモニウム「シンジー」の複数年据置栽培技術を開発する。また、イソマツ科の「アルメリア」の鮮度保持技術を確立する。
成果:
①夏季の遮光条件は「シンジーディープラベンダー」が45%、「シンジーシルバー」では65%遮光が適していた。
②日長延長(17:00-23:00)により、「シンジーディープラベンダー」、「シンジーシルバー」共に1,2月の収穫本数が増加した。
③「アルメリア」の鮮度保持にはグルコースが適していた。
④「アルメリア」花弁への処理液の吸い上げを確認したところ、萼部位に処理液が蓄積しており、花弁まで処理液が浸透していなかった。
研究分担園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264822
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat