「津之望」の少核化安定生産技術と品質保持に関する技術開発

「津之望」の少核化安定生産技術と品質保持に関する技術開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:早生カンキツ‘津之望’の少核化技術の開発、高品質安定技術、簡易貯蔵技術の開発を行う。
成果:①開花期にネット被覆を行うことで完全種子数は大幅に減少し、1mm区でその効果が最も高かった。
②「らくらく設置」によるネット被覆では一列(20m)分の設置は約1時間で済み、資材費は約27,500円であった。
③コンテナのタイベック1重被覆により、貯蔵中の湿度が高く保たれ、しなびおよびコハン症の発生を抑えることができた。
研究分担栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264825
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat