かき・もも等病害虫の効率的防除対策

かき・もも等病害虫の効率的防除対策

県名和歌山県
研究機関名和歌山県果樹試験場かき・もも研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H18 ~
年度2019
概要目的:カキ・モモ等の重要病害虫について、発生生態に基づいた効率的な防除対策を確立する。
成果:カキの果樹カメムシ類に対する合成集合フェロモンを用いた黄色粘着トラップでは、被害果率が低位で推移すると予測され、実測値についても低位で推移した。このことから、フェロモントラップを用いた発生量モニタリングは防除啓発に有効な手段として活用できると考えられた。しかし、ヒノキ花粉の飛散数比を用いた予測では、ほ場における被害果率は増加傾向を示し、そのままでは予測に用いることができず、新たな予測式の検討が必要であると思われた。
研究分担かき・もも研究所
予算区分県単
国庫(農林水産省)
受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264837
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat