モモ寄生シロカイガラムシ類の効率的防除法の開発

モモ寄生シロカイガラムシ類の効率的防除法の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県果樹試験場かき・もも研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R1
年度2019
概要目的:モモ寄生シロカイガラムシ類の高精度発生予察技術と効果的な薬剤防除体系を組み合わせた効率的防除法を開発する。
成果:モモ寄生クワシロカイガラムシの第1、2世代の発生盛期は、有効積算温度計算シミュレーションにより高い精度で予測できるが、第3世代は補正する必要があると思われた。また、効果のある薬剤およびその残効を明らかにし、予測式と薬剤散布の組み合わせにより効果的な防除が行えることが明らかとなった。 
研究分担かき・もも研究所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat