ウメ「南高」低樹高化技術(カットバック)確立による青梅生産性の向上

ウメ「南高」低樹高化技術(カットバック)確立による青梅生産性の向上

県名和歌山県
研究機関名和歌山県果樹試験場うめ研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H30~R2年
年度2019
概要県内の「南高」青梅生産は、市場からの要望を十分供給できていない状況が続いている。そこで、省力化技術として、主枝を切り下げる低樹高処理(カットバック)を施し、処理に伴う収量低下を解消するための新梢管理技術(摘心)を追加し、省力かつ慣行栽培と同程度の収量が得られる青梅の栽培技術を開発する。
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264844
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat