肉用牛ゲノミック評価と受精卵移植を活用した高能力熊野牛の作出

肉用牛ゲノミック評価と受精卵移植を活用した高能力熊野牛の作出

県名和歌山県
研究機関名和歌山県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要【目的】県内の黒毛和種母牛の肉用牛ゲノミック評価(G評価)結果を集積し分析することで、和歌山県おけるG評価と推定育種価との相関関係を把握する。また農場で受精卵の採取から凍結までできる体制を整えるため、近畿大学と共同で簡易プログラムフリーザーの試作を行う。肉用牛ゲノミック評価と受精卵移植を組み合わせ、高能力後継牛の作出効率化を試みる。                 【得られた効果】平成30年1月の推定育種価において、枝肉重量・ロース芯面積・バラの厚さ・皮下脂肪厚・歩留基準値・BMSNo.の正確度が全て0.69以上の黒毛和種母牛42頭のG評価を実施し、推定育種価との相関係数Rは全ての形質でR>0.5を示した(P<0.001)。平成25~29年生れで令和2年1月に推定育種価が判明した10頭のG評価と推定育種価の相関はロース芯面積・バラ厚・皮下脂肪厚・歩留基準値でR>0.5を示した(P<0.05)。また簡易プログラムフリーザーについては試作品の改良を重ね、令和元年11月に職務発明の認定を受け、特許出願中である。
研究分担大家畜部
予算区分県単
業績(1)肉用牛ゲノミック評価と受精卵移植を活用した熊野牛の高能力後継牛作出効率化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264853
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat