水稲・麦・大豆の高品質・安定生産を目指した病害虫防除技術の確立

水稲・麦・大豆の高品質・安定生産を目指した病害虫防除技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H27~
年度2019
概要目的:水稲・麦・大豆を対象に効率的かつ省力的な防除法を確立する。
成果:いもち病、ウンカ類等について育苗箱施用剤の効果を検証し、実用レベルにあることを確認。イネいもち病の薬剤耐性菌の発生状況を把握し、一部地域で薬剤使用を再開した。など。
研究分担環境研究室
予算区分単県
業績(1)鳥取県におけるQoI 剤耐性イネいもち病菌の発生状況とその防除対策
(2)鳥取県におけるオキソリニック酸耐性イネ内穎褐変病菌の発生
(3)水稲高密度播種育苗栽培における育苗箱施用剤の移植時側条施用のヒメトビウンカに対する防除効果
(4)イネもみ枯細菌病・イネ内穎褐変病・イネ苗立枯細菌病
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat