鳥取和牛ブランド向上試験

鳥取和牛ブランド向上試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間R1~R5
年度2019
概要目的:「全国和牛能力共進会(以下、全共) 肉牛の部」における優秀成績の獲得による鳥取和牛のブランド向上を目指すとともに、飼育期間の短縮により期待されるコスト低減での肥育経営の安定化のため、黒毛和種(以下、和牛)肥育牛の短期肥育技術を確立する。
成果:①オレイン酸向上試験
飼料給与内容の変更によって、枝肉中のオレイン酸含有量向上効果が得られるか、各種試験を実施した。稲わらをチモシー乾草に置き換えても、枝肉中の脂肪の質に影響は認められなかった。学校法人近畿大学のタンパク質の解析により、オレイン酸含有割合を予測するタンパク質群が同定された(第69回関西畜産学会)。 ②超音波肉質診断のAI化による診断精度の向上を図るため、収集した動画像を国立大学法人鳥取大学工学部でAIに読み込ませたが、精度を得るために例数を増やすなどの課題が浮かんだ。
研究分担肉用牛研究室
予算区分国補(総務省)一部委託(大学)一部受託(大学)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264906
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat