「鳥取地どりピヨ」の遺伝資源保存技術の開発

「鳥取地どりピヨ」の遺伝資源保存技術の開発

県名鳥取県
研究機関名鳥取県中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R2
年度2019
概要目的:伝染病発生等の危機管理対策として、地どり精液凍結保存技術の開発を行い地どり遺伝資源保存技術の確立を目指す。
計画:遺伝資源保存の為、凍結保存技術を確立し、「ピヨ」の父方種鶏であるGSRの凍結精液の備蓄を行う。また、より多くの個体の遺伝資源を保存できるようペプチド亜鉛等の飼料添加物をGSRに給与することで、凍結精液の品質を向上する試みを行った。
成果:市販ペプチド亜鉛及びシリコン製剤を添加した区で精液指数が高く、精子数においてはシリコン製剤を添加した区で高かった。
研究分担環境・養鶏研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat