養殖事業展開可能性調査

養殖事業展開可能性調査

県名鳥取県
研究機関名鳥取県栽培漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間平成28年度~令和2年度
年度2019
概要(目的)
鳥取県で現在進めている陸上養殖について飼育方法、条件等を検討し、効率的で生産性のある養殖手法の確立を目指す。平成24年度から「井戸海水を用いたマサバ陸上養殖」について試験を開始し、平成25年度には「閉鎖循環水槽によるキジハタ陸上養殖」、平成27年度からは「カワハギ類の陸上養殖」について試験を行っている。
(成果)
・マサバ養殖試験で得られた飼育データ等を基に、養殖事業者への飼育方法の改善指導や、課題への対処等のアドバイスを行ったことで、養殖事業の円滑な実施、運営が図られた。
・マサバの育種効果を検証するために必要となる基礎データを収集した。
・ウマヅラハギの種苗生産試験において、量産化に向けて十分量の受精卵を得ることができた。また、種苗生産技術確立の目安となる生産密度1000尾/t以上を達成した。種苗生産技術はほぼ確立した。
研究分担養殖・
漁場環境室
予算区分国庫
(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264950
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat