漁港内養殖可能性調査事業

漁港内養殖可能性調査事業

県名鳥取県
研究機関名鳥取県栽培漁業センター
課題種別試験研究課題
研究期間
平成29年度~令和元年度
年度2019
概要(目的)
 十分活用されていない漁港・港湾内を利用した魚類養殖事業の可能性について調査研究を行う。また、漁業者が副業的に取り組め、生産魚は付加価値をつけ高値で販売し、儲かる仕組みについて検討を進める。
(成果)
・今年度が当該事業の最終年度となり、漁港内でのマアジ、ウマヅラハギ養殖の採算性について検証した。
・マアジ養殖については地元飲食店へ活魚出荷し、ニーズも高く、安定して高値での販売が可能で、採算
性についても期待が持てる結果となった。
研究分担養殖・
漁場環境室
予算区分国庫
(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264952
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat