商品性の高い有機米生産のための栽培技術確立

商品性の高い有機米生産のための栽培技術確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R4
年度2019
概要目的:水生ミミズ類の活動を利用した雑草発生抑制土壌(トロトロ層)を安定形成させる技術や、窒素肥沃土の高まりに伴う過剰生育を抑制可能な栽培管理技術を確立する。
成果:有機栽培2年目の平坦部粘質土水田で植代前の湛水期間を検討した結果、「トロトロ層」の形成を促すには、有機栽培に移行して少なくとも2年間は冬季湛水を継続するのが良いと考えられた。湛水処理及び土壌統の異なる水田表土(植代前1日)において、「トロトロ層」形成判定法による除草要否判定の適応性を確認。令和元年作の条件では、基肥及び追肥の窒素を各2kg/10a施用しても葉色の極端な濃緑化などが認められず、減肥の必要性は低いと考えられた。「トロトロ層」形成による有機米生産に取り組む3事例について、栽培技術の特徴を明らかにするとともに、作業別労働時間と生産費を調査。
研究分担栽培研究部
作物科、
資源環境研究部
病虫科
土壌環境科
予算区分県単
業績(1)揺動ブラシ式歩行型除草機が雑草発生および水稲収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264966
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat