ブドウオリジナル品種の商品化

ブドウオリジナル品種の商品化

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R4
年度2019
概要目的:本県育成品種‘神紅’を既存の大粒系ブドウに替わる品種に位置づけ、‘シャインマスカット’と双璧となるための栽培技術を確立する。
効果:特有の赤色で大粒の果実を生産するためのGA及びホルクロルフェニュロンの処理方法を検討した結果、従来の2回処理と比較して、果梗長が短くなり、房しまりが向上する傾向があったが、着色開始が遅れる傾向があった。安定的に無核果実を生産するための効果的なストレプトマイシン剤の使用法を検討し、確実に無核果実を得るための散布方法を確認。準加温栽培園において、果皮の着色抑制効果が示唆された果実袋の種類を確認。一文字型整枝長梢せん定は、‘神紅’の栽培に適している可能性が示唆されたが、普及に当たっては労力の観点からも整枝法を選定する必要があった。
研究分担栽培研究部
果樹科、
資源環境研究部
病虫科
特産開発科
予算区分県単
業績(1)ブドウ新品種‘神紅’の育成とその特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264967
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat