早生茎葉型イネホールクロップサイレージを用いた資料給与技術の確立

早生茎葉型イネホールクロップサイレージを用いた資料給与技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:水田二毛作体系に対応する新たな早生茎葉型品種を用いて、WCS用稲に特化した栽培技術の開発およびイネホールクロップサイレージ(イネWCS)生産体制の効率化を検討する。
成果:‘夢あおば’を対照に1品種2系統を供試し、出穂は遅いが成熟は同程度であり、茎葉部収量は多く、籾収量は少ない‘たちはやて’がWCS用品種として有望と考えられた。‘たちはやて’では移植後50日の追肥の効果が高いことを確認。
研究分担栽培研究部
作物科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264972
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat