植栽3年目に本格出荷できるナシの島根型ジョイント栽培による早期・省力栽培技術の確立

植栽3年目に本格出荷できるナシの島根型ジョイント栽培による早期・省力栽培技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~R1
年度2019
概要目的:本県の気象・土壌条件に応じてジョイント栽培技術を改良すると共に、高品質な品種との組み合わせにより早期に産地再生が可能な省力栽培技術を確立する。
成果:適正な側枝密度検討のため、主枝1m当たりの側枝本数の違いによる収量への影響を確認。更新用側枝の発生促進方法検討のため、側枝基部のスコアリング及び環状はく皮処理の効果を確認。省力着果管理技術の確立のため、相互花粉利用による人工授粉の効果を確認。
研究分担栽培研究部
果樹科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264992
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat