‘ギバル’を中心とするイチジク株枯病に強い台木を利用した‘蓬莱柿’における栽培方法の確立

‘ギバル’を中心とするイチジク株枯病に強い台木を利用した‘蓬莱柿’における栽培方法の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R2
年度2019
概要目的:‘ギバル’台木に‘蓬莱柿’を接ぎ木した際の早期成園化技術、仕立て方法及び肥培管理法等を検討し、安定的な収量、果実品質が得られる栽培方法を確立する。
成果:‘ギバル’台木と自根5年生‘蓬莱柿’の果実数、果実重、収穫量を確認。‘キバル’台での低樹高H型仕立てを検討し、10a当たりの収量は確保できると考えられた。他の抵抗性台木への接ぎ木では、生育が落ち着いて収量が多くなる‘イスキアブラック’台が適していると考えられた。また、‘キバル’台‘蓬莱柿’に適した施肥法を明らかにするため、生育及び収量、新梢及び果実の乾物生産並びに無機成分吸収を自根‘蓬莱柿’と比較。
研究分担栽培研究部
果樹科
資源環境研究部
土壌環境科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030264993
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat