農業における花粉媒介昆虫等の積極的利活用技術の開発

農業における花粉媒介昆虫等の積極的利活用技術の開発

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R3
年度2019
概要目的:農業生産に貢献する花粉媒介昆虫を調査し、効率的な花粉媒介昆虫を解明するとともに、花粉媒介昆虫が好む植物・景観・それらの特性等を解析する。本県はカキを担当する。
成果:カキにおいて、花粉媒介昆虫相を見取り、パントラップ、粘着トラップで調査。コマルハナバチ、セイヨウミツバチが中心で、トラップでは見取り調査とは異なり、ハエ目を中心に誘殺。
研究分担資源環境研究部 病虫科
予算区分受託
(独立行政法人 )
業績(1)島根県におけるカキの訪花昆虫の種類と訪花時間
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265004
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat