ボタン・シャクヤクの新品種育成

ボタン・シャクヤクの新品種育成

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R4
年度2019
概要目的:種間交配や放射線育種により、花色や日持ち性、香り性等を付加した本県オリジナルのボタン・シャクヤク品種を育成する。
成果:種間交雑種を用いた交配において得られた実生をDNA鑑定した結果、雑種でない可能性が高いことが判明。ハイヌーンを種子親とした種間雑種で得られた実生は雑種である可能性が高いことが判明。栽培容易なボタン育成のため平成22年度以降に交配した普通ボタン同士の交配実生において、選抜個体を増殖、養成。
研究分担資源環境研究部 特産開発科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265010
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat