イチジク株枯病完全抵抗性台木の育成

イチジク株枯病完全抵抗性台木の育成

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~R1
年度2019
概要目的:イチジクとイヌビワの種間雑種の生育不良の改善を図り、‘蓬莱柿’の生育に適した株枯病完全抵抗性台木を育成する。
成果:イチジク36品種とイヌビワ広島系、イチジク38品種とイヌビワ島根系の組み合わせで交配し、果実の収穫率は広島系で67%、島根系で69%。広島系交配果実では10組み合わせにおいて、島根系交配果実では13組み合わせにおいて1果当たり500以上の種子を得た。平成30年に採種した種子を平成31年に播種した結果、島根系を花粉親とした9組み合わせ27個体が正常に生育。
研究分担資源環境研究部 特産開発科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265013
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat