操業情報を活用した底びき網漁業資源管理プロジェクト

操業情報を活用した底びき網漁業資源管理プロジェクト

県名島根県
研究機関名島根県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H31~R3
年度2019
概要本県で開発した沖合底びき網漁業におけるアカムツ小型魚の分布予測システムを他の重要魚種へも応用して、ICTを活用した主要底魚類の分布予測システムを構築する。さらに市場価格と連動させた最適な漁獲ルールを提案するとともに、小型魚の漁獲を低減させる漁具を開発し、底びき網漁業の適切な資源管理と経営の安定化を図る。
将来のIQ導入の見据え、魚介類の分布を予測して選択的に漁獲することが目標。
研究分担海洋資源科
予算区分県単
業績(1)沖底の網口高さ拡大に関する模型実験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat