「おかやま黒まめ」のマルチ栽培と畦間潅水による高品質安定栽培法の確立

「おかやま黒まめ」のマルチ栽培と畦間潅水による高品質安定栽培法の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~R1
年度2019
概要目的:黒大豆は開花期以降に降雨が少ないと過乾燥となり、収量低下や障害粒発生が問題となることがある。そこで、マルチ栽培と畦間灌水を組み合わせ、おかやま黒豆の高品質安定生産技術を確立する。
成果:生育前半から開花盛期までの土壌の過乾燥を回避することにより、着莢数が多くなり粗子実重、整粒収量及び大粒収量も多くなった。また、マルチ栽培において土壌水分の変動を抑制するためには、畦の高さを高くし、畦を形成する土壌の容積を大きくするのがよいと考えられた。
研究分担作物・経営研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265103
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat