準高冷地に適した加工・業務用キャベツ安定生産技術の確立

準高冷地に適した加工・業務用キャベツ安定生産技術の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新令元~3
年度2019
概要目的:準高冷地の気象条件を活かした加工・業務用キャベツの安定生産技術を確立する。
成果:「初恋」、「なつおこ」、「翠青」、「藍天」、及び「涼峰」の5品種を内部障害果(チップバーン、アントシアニン)が少ないこと、結球重が目標重量に達することから有望品種に選定した。株間を40㎝とすることで目標結球重1.7㎏及び目標収量6t/10aを確保できた。また、この収量での加工・業務用出荷の所得は、市場出荷より高いと試算された。
研究分担高冷地研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265147
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat