樹木デンプンによる菌根性きのこの人工培養

樹木デンプンによる菌根性きのこの人工培養

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要目的:樹木デンプンを利用したマツタケ等菌根性きのこの人工培養と、ホンシメジ等菌根性きのこ感染苗を量産化し、森林を活用した高付加価値のきのこの生産を目指す。
成果:①培地に低濃度のフィチン酸を添加することにより、マツタケ菌糸の伸長が向上した。②培土に界面活性剤を混合することで、保水性が向上した。
研究分担林業研究室
予算区分県単
業績(1)フィチン酸によるマツタケ菌糸の生長促進効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat