岡山県産材による熱圧処理技術の開発

岡山県産材による熱圧処理技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター 森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R2
年度2019
概要目的:県産ヒノキ・スギについて、床材等の内装材としての需要を拡大するため、材面の高硬度化や材色を調整するための熱処理と圧密化を同時に行う熱圧処理技術を開発する。
成果:①ヒノキ・スギ短尺材の熱圧処理材(圧縮率50%程度)の表面硬さは無処理材の2倍程度となった。また、摩擦性能はJAS規格の適合基準をクリアした。②寸法安定性能は、熱圧処理温度が高いほど、処理時間が長いほど向上した。
研究分担木材加工研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265179
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat