スマートマルドリを利用した鳥獣被害対策ネットワークの設計

スマートマルドリを利用した鳥獣被害対策ネットワークの設計

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R2
年度2019
概要目的:獣類を捕獲するためのわなや電気柵の見回り労力軽減等を実現するため、ランニングコストの低い遠隔監視・通知システムを構築する。
成果:スマートマルドリの通信システムを活用した遠隔監視・通信装置を開発し、現地実証調査を継続中である。
研究分担経営高度化研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265247
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat