県内水田農業の担い手に適応したスマート農業の導入

県内水田農業の担い手に適応したスマート農業の導入

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H30~R2
年度2019
概要目的:各種スマート農業技術導入の効果を経営的、質的に評価し、本県水田農業に適したスマート農業の導入スタイルを明らかにする。
成果等:各種スマート農機の導入に適した条件を明らかにするため、ロボットトラクター、自動給水栓、直進田植機、収量・食味コンバインの現地実証を行い、作業能率等の機能性を評価した。
研究分担農業技術部土地利用作物研究室・資源循環研究室、経営高度化研究室
予算区分県単
業績(1)県内水田農業の担い手に適応したスマート農業の導入
(2)水管理、畦畔・法面管理の省力化技術 ~スマート農機の活用事例~
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265251
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat