アスパラガスのIPM実践指標の策定

アスパラガスのIPM実践指標の策定

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完R1
年度2019
概要目的:アザミウマ類に対する天敵(スワルスキーカブリダニ)の防除効果や、光反射資材の地表面被覆による、アザミウマ類のハウス内への飛び込み抑制効果を確認し、総合的病害虫管理(IPM)技術の普及に資する。
成果:①アスパラガスハウス内のアザミウマ類はネギアザミウマが主体であった。②天敵の定着は認められたが、天敵区と慣行区のアザミウマの発生量に大きな差は認められず、天敵による防除効果は認められなかった。③光反射資材によるアザミウマ類の侵入抑制効果は認められたが、資材の汚れによる光反射率の低下のためか設置2年目区ではやや劣った。
研究分担農業技術部資源循環研究室
予算区分国庫補助(農林水産省)
業績(1)光反射資材による施設アスパラガスのネギアザミウマの物理的防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat