農薬散布用ドローンを活用した効率的・省力的防除技術体系の確立

農薬散布用ドローンを活用した効率的・省力的防除技術体系の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要目的:農薬散布用ドローンを用い、カンキツ栽培での省力防除技術体系を確立することで、若手農業者や法人による営農面積の拡大や、法人による防除受託などを可能とし、産地の維持に寄与する。
成果:①ドローン防除で薬液が樹冠に多く付着するのは丸形ノズル、薬剤付着の均一性が高いのは一文字形ノズルであると推察された。②ドローン防除における適切な飛行方法・速度について検証した。③ドローン防除に適した樹形や植栽間隔、薬剤等を検証した。
研究分担農業技術部柑きつ振興センター
予算区分県単
業績(1)空散用ドローンを用いたカンキツ灰色かび病および黒点病の防除-樹体への薬剤付着量と効果-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265283
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat