経腟採卵・体外受精(OPU-IVF)による胚生産の効率化に関する研究

経腟採卵・体外受精(OPU-IVF)による胚生産の効率化に関する研究

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~
年度2019
概要経腟採卵(OPU-IVF)技術の確立に向け、卵胞発育を制御するための事前処置の省力化に取り組み、FSHの単回投与法が有効であることを確認。FSHに対する反応が鈍く本省力法では成績不良の牛に対しては、FSHの投与期間を延長した長期感作プログラムについて検討。
研究分担畜産技術部家畜改良研究室
予算区分県単
業績(1)経腟採卵・体外受精(OPU-IVF)による胚生産の効率化に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat