簡易施設を用いた収益性の高いほうれんそう周年作付体系の開発

簡易施設を用いた収益性の高いほうれんそう周年作付体系の開発

県名徳島県
研究機関名"徳島県立農林水産総合技術支援センター経営研究課
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要  定年退職者や高齢農業者が「ほうれんそう栽培」に取り組みやすくするため、ミニパイプハウスを活用し、ほうれんそうの品質が低下する高温期の品質向上技術、栽培期間が長くなる厳寒期の生育促進技術を開発し、周年作付体系による収益性の高い経営を可能にする。
研究分担農産園芸研究課野菜・花き担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265370
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat