地球温暖化に対応した新たな高付加価値果実の開発 2温暖化に対応した低温要求量の少ない(開花が早い)モモ品種の育成、導入

地球温暖化に対応した新たな高付加価値果実の開発 2温暖化に対応した低温要求量の少ない(開花が早い)モモ品種の育成、導入

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新R1~R3
年度2019
概要目的:夏秋季の高温によるカンキツの浮皮やモモの果肉障害等の品質低下を避けるため、温暖化の影響を受けにくく、特徴のある高付加価値果実品種を開発する。
成果:香川大学が育成した「KU-PP1」および「KU-PP2」の収穫期は両品種とも6月中下旬であり、「KU-PP1」は「はつおとめ」より遅く、他の品種より早かった。「KU-PP2」は「さくひめ」より早かった。「KU-PP1」の果実品質は「はなよめ」より糖度が優れる傾向にあったが、「KU-PP2」ではやや劣る傾向にあった。
研究分担府中果樹研究所
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265468
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat