「おいでまい」ブランド強化事業 1水稲新品種「おいでまい」の品質食味向上対策

「おいでまい」ブランド強化事業 1水稲新品種「おいでまい」の品質食味向上対策

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28〜
年度2019
概要目的:水稲奨励品種である「おいでまい」における施肥法及び登熟向上資材の施用が生育、収量、品質及び食味に及ぼす影響を検討し、極良食味米生産の基礎資料とする。
成果:出穂後30日間の平均気温とアミロース含有率には相関がみられ、平均気温が高いとアミロース含有率が低下した。アミロース含有率は移植日が遅くなるほど上昇し、これは出穂後30日の気温が低くなることによるものであった。
研究分担作物・特作部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat