ICTを活用した生産技術の高位平準化支援システム構築事業 1データ収集システムの開発と運用

ICTを活用した生産技術の高位平準化支援システム構築事業 1データ収集システムの開発と運用

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~R1
年度2019
概要目的:イチゴのらくちん栽培において、通信機能を強化した新型らくちんコントローラと栽培管理作業の所要時間の把握などを行うシステムを開発し、イチゴ栽培の高位平準化を目指す。また、カンキツ栽培において、「小原紅早生」のブランド果率の向上を図るため、ICTを活用し、果実品質や土壌水分データを簡易に取得するとともに「見える化」し、栽培管理を支援するシステムを構築する。
成果:農業経営課が中心となって、新型らくちんコントローラの試作機を現地に設置し、各ほ場の環境データの収集を行った。得られた環境データと収量データの解析を行い、最適な環境制御方法について普及指導員等関係者と検討を行った。
研究分担野菜・花き部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265499
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat