ICTを活用した加工・業務用葉ねぎの省力安定生産技術の開発 1加工・業務用葉ねぎ収穫機の開発

ICTを活用した加工・業務用葉ねぎの省力安定生産技術の開発 1加工・業務用葉ねぎ収穫機の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H29~R1
年度2019
概要目的:地域プロジェクト(個別・FS型)で試作した刈取り装置の性能向上を図るとともに、現地での実証試験を通じて、収穫後の運搬・調製作業等との連動性や操作性に優れた走行部と収納部を開発する。また、ICTを活用して微気象データ等を収集することにより、計画出荷支援システムとべと病発生予測システムを開発するとともに、現地での実証試験を通じて、その適合性を評価する。
成果:1条刈りユニット方式を実用機として採用し、当初の目標作業能率(8人・時/10a)を達成した。しかし、ネギの状態によっては刈取りが困難な場合があることから、マニュアル等において留意点を明確に記載するとともに、収穫機の市販化に向け引き続き改良を行う。
研究分担企画・営農部門
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265508
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat