野生種遺伝資源を利用したキウイフルーツPsa3系統耐病性付加による競争力強化戦略 1交配系統のPsa3系統耐病性検定

野生種遺伝資源を利用したキウイフルーツPsa3系統耐病性付加による競争力強化戦略 1交配系統のPsa3系統耐病性検定

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~R1
年度2019
概要目的:キウイフルーツかいよう病菌(Pseudomonas syringae pv. actinidiae)の強病原性Psa3系統への耐病性を付加した品種の導入により、地域生産性の向上、収益の増大に繋げることを目的とする。急務と位置付けられている国内のかいよう病対策として、“さぬきキウイっこⓇ”をかいよう病耐性実用品種として確立する。
成果:切り取り葉を用いた方法でPsa3に対する耐病性を評価した。シマサルナシ(府中系統)、「さぬきキウイっこⓇ」5品種のPsa3に対する耐病性はやや強~中以上と評価された。野生種シマサルナシを片親とする62系統と次世代系統75系統を弱、やや弱い、中、やや強い、強いに分類したところ、弱いに分類されたのが2系統、強いに分類されたのが4系統あり、シマサルナシが雄(高知系統)であった場合の交配系統でやや強い、強いと分類されるものが多かった。
研究分担府中果樹研究所   
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030265512
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat